CASBEEのランクとは

CASBEE(建築環境総合性能評価システム)は、

建築物の環境性能の評価・格付け制度です。

CASBEEでの評価は、建築物そのものだけではなく、

省エネや環境負荷の少ない資機材の使用といった環境配慮、

さらに室内の快適性や景観への配慮なども含め、

建築物の品質を総合的に評価するシステムとなっています。

CASBEEの評価はランクに分けられ、

具体的には「S」「A」「B」「C」などとランク化され、

高ランクほど環境性能に優れた建築物として認証されます。

取得すべきCASBEEの種類

CASBEEの種類には「CASBEE建築(新築)」、「CASBEE不動産」、

「CASBEEウェルネスオフィス」といったツールがあり、

建築物の種別や竣工年などにより取得できる種類が異なります。

竣工1年以内の建築物であれば「CASBEE建築(新築)」が取得可能です。

「CASBEE建築(新築)」は設計段階から取得を検討できるので

建築工事前に施策ができ、高ランクを狙うことができます。

竣工1年以上経過した建築物は「CASBEE不動産」の取得が可能です。

「CASBEE不動産」の対象建築物は、オフィス・店舗・物流施設・集合住宅です。

既に竣工した後の建築物が対象になるので、

「CASBEE建築(新築)」と比べると対応できる施策が限られることになります。

また、オフィスの場合は「CASBEEウェルネスオフィス」の取得が可能です。

新築・竣工経過と関係なく取得できるので、オフィスを対象とする場合は検討してもよいでしょう。

CASBEEのランク

「CASBEE建築」、「CASBEE不動産」、「CASBEEウェルネスオフィス」と

評価基準が異なります。

CASBEEのそれぞれの種類で4〜5段階で評価されます。

種類ランク
CASBEE建築(新築)5段階(S,A,B+,B-,C)
CASBEE不動産4段階(S,A,B+,B)
CASBEEウェルネスオフィス5段階(S,A,B+,B-,C)

CASBEE「建築」

CASBEE建築評価は、Q(建築物の環境品質・性能)及び

LR(建築物の環境負荷低減性)の各評価項目の得点をもとに評価されます。

BEE(Built Environment Efficiency)と呼ばれる建築物の環境効率は、

建築物の環境品質と環境負荷により算出される値で、

「Sランク(素晴らしい)」から「Aランク(大変よい)」、

「B+ランク(良い)」、「B-ランク(やや劣る)」、

「Cランク(劣る)」までの5段階で評価を行います。

建築物の環境効率(BEE)=環境品質(Q:Quality)÷環境負荷(L:Load)

取得可能なのは、延べ床面積300平方メートル以上の建築物で、

星の数で評価結果を格付け・表示します。

ランク評価内容
SランクSランクは、BEE3.0以上かつ環境品質の値が50点以上の場合に与えられます。
Aランク  Aランクは、BEE1.5~3.0を取る必要があります。Sランクには満たないものの、環境性能は普通の建築物より高いと評価されます。
B+ランクB+ランクは、BEE1.0~1.5であることを示します。環境性能は、標準的と判断された評価です。
B-ランクB-ランクは、BEE0.5~1.0であることを示します。建築物の環境性能が標準よりやや劣っていることを示します。
CランクCランクは、BEE0.5以下であることを示します。建築物の環境性能は、劣っていると判断されます。設計段階で改善が推奨されます。

「B+」が標準的であると判断されるランクで、

民間認証を取得する場合「B+」以上を目指す建築物が多くみられます。

CASBEE「不動産」

CASBEE不動産は、竣工後1年以降の既存建築物を対象としています。

オフィス、店舗、物流、集合住宅といった建築物が対象です。

CASBEE不動産は、環境性能を第三者機関によって、

簡易に評価、表示することができるツールです。

評価結果は不動産マーケットでの

不動産評価へ活用されることが期待されています。

CASBEE建築(新築)の1/5程度の評価項目数となり、

5分類21項目で評価されます。100点満点の加点方式で、

点数に応じて「S」、「A」、「B+」、「B」の4段階でランク評価をします。

CASBEE建築と同様に点数に応じ星の数で評価結果を格付け・表示します。

「CASBEE不動産」ではBランクが最低となりますが、

環境性能においては「必須項目を満たしている」と評価されます。

評価分類評価内容
1.エネルギー温暖化ガス(35点満点)
2.水10点満点
3.資源利用安全(20点満点)
4.生物多様性敷地(20点満点)
5.屋内環境15点満点

CASBEE「ウェルネスオフィス」

CASBEEウェルネスオフィスは、建物で働く人が健康で、

生産的に働くための環境性能が評価されます。

オフィスビルが主な評価対象建築物で、

複合用途ビルの場合は、主にオフィスとしての用途部分が評価対象となります。

具体的には働く人により近い場所にある専有部の内装や什器計画、

テナントビルに入居したテナント入居組織の取組までも評価範囲となります。

CASBEEウェルネスオフィスは、

CASBEE「建築」と同じく5段階評価(S,A,B+,B-,C)で評価されますが、

環境効率とは別の考え方であるためBEEは使われません。

評価は5つの大項目で、合計100点満点で行われます。

評価項目

評価項目
基本性能QW1 健康性・快適性
QW2 利便性向上
QW3 安全・安心性
運営管理等QW4 運営管理
QW5 プログラム(メンタルヘルス対策など)

CASBEE建築(新築)同様、

標準的であると判断されるランクが「B+」になります。

ランク評価内容
SランクSランクは、総合得点75点以上で取ることができます。働く人が、非常に快適に利用できると評価された建築物です。
Aランク  Aランクは、総合得点65点以上で取ることができます。Sランクには満たないですが、働く環境として優れている建築物と評価されます。
B+ランクB+ランクは、総合得点50点以上で取ることができます。快適性としては、「標準もしくは標準より良い」と評価されます。
B-ランクB-ランクは、総合得点40点以上であることを示します。建物利用者は、標準的な建築物よりも快適性を感じることができないと評価されます。
CランクCランクは、総合得点40点未満であることを示します。建物を利用する上で、快適性は低いと評価されます。

CASBEEのランクを取得するメリット

CASBEEの取得をすることで下記のようなメリットが考えられます。

  • CASBEE認証を受けている建築物は不動産賃料が高くなる傾向がある。
  • 助成金制度の適応や金融支援・税制優遇などを受けることができる場合もある。
  • 一般的にも分かりやすく、第三者機関の評価になるので、社会的な信頼性が上がる。

メリットがあるのは分かっていても、

CASBEEを取得するのは専門的な知識や

CASBEE評価員の資格が必要でハードルが高いものです。

CASBEE業務の代行をしている会社もあるので、検討してみるのも良いでしょう。